TEL:052-241-2721

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄三丁目6-1栄三丁目ビル(ラシック)11F

名古屋市中区の矯正歯科|自律神経失調症・マウスピース

ご挨拶

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
HOME»  ご挨拶

ご挨拶

先代がここ名古屋 栄に昭和33年に開院した矯正専門歯科クリニックを引き継ぎ、平成15年春「LACHIC ラシック」に移転しました。

コンセプトは「きれいな口元と歯並び」そして「気持ちよく噛めること」。この二つのテーマを柱に先代から約50年の経験と最新の知識・技術・機器を駆使し治療を進めております。

歯並びや噛みあわせがおかしいと感じたり、口元のラインが気になる方はぜひ一度ご相談ください。

カユカワ矯正歯科クリニック
院長  粥川 渉

院長略歴

院長

粥川 渉

経歴
昭和59年
日本歯科大学卒
昭和63年
同大学院(歯科矯正学専攻)修了
日本歯科大学矯正学教室に10年奉職、臨床と研究、後輩の指導にあたると共に大宮歯科衛生士専門学校 非常勤講師を兼任する。
平成6年
矯正歯科カユカワ 勤務
平成17年
カユカワ矯正歯科クリニック 開設
会員・資格
  • 歯学博士
  • 日本成人矯正歯科学会 認定専門医
  • 日本矯正歯科学会 会員
  • 日本舌側矯正学術会 会員

医院略歴

大正

9年
初代 粥川鋼三、日本歯科医学専門学校(現・日本歯科大学)卒業
13年
初代 粥川鋼三、アメリカ、首府ワシントン、ジョージタウン大学歯学部卒業、ドクトル、オブ、デンタル、サージェリーの称号授与さる
14年
名古屋市中区南大津通1丁目、共済ビルヂング(現 LACHIC北西角)で粥川歯科医院(一般歯科)を開業

昭和

23年
先代 粥川 浩、日本歯科大学卒業、同校矯正学教室入局
32年
論文「所謂反対噛合の形態学的研究(I)(II)(III)」により、東京医科歯科大学より医学博士授与さる(本論文が我が国の近代矯正学の形態的研究の第一歩と認められる)

浩 日本歯科大学矯正学教室を助教授として退職・名古屋市中区栄 安田生命ビル内 粥川歯科医院(大正14年開設)にて初代 鋼三のもとに矯正歯科専門(当地方最初)歯科医院を開業
59年
3代 粥川 渉、日本歯科大学卒業 日本歯科大学大学院歯学研究科入学
63年
渉 日本歯科大学大学院卒業。
論文「"Wits" appraisalによる上顎前突の形態学的研究」により歯学博士授与さる
矯正学教室入局

栄利子 日本歯科大学大学院卒業。
論文「局所麻酔薬の培養シリアン・ハムスター胎児細胞に対する細胞毒性、遺伝毒性、発癌性に関する研究」により歯学博士授与さる
小児歯科教室入局

平成

2年
渉 矯正歯科認定医の審査に合格(日本矯正歯科学会)
栄利子 小児歯科認定医の審査に合格(日本小児歯科学会)

名古屋市都市再開発の為、大正14年以来の安田生命ビル再建決定 一時同町 電通名古屋第2ビル4階へ移転名称を「矯正歯科カユカワ」とする
5年
日本歯科大学矯正学教室退職
7年
論文「噛合力測定システム(デンタル プレスケール)を用いた噛合パターンについての考察」日本成人矯正歯科学会雑誌に発表
8年
第55回日本矯正歯科学会大会(福岡)にて
"正常噛合の選択についての一考察 -左右バランスに着目して-"
"正常噛合の選択についての一考察 -多変量解析による分析1-"を発表

論文「Dynamic tooth positionerを用いて抜歯空隙の閉鎖を行った叢生成人患者の一症例」日本成人矯正歯科学会雑誌に発表
9年
第56回日本矯正歯科学会大会(東京)にて
"正常噛合の選択についての一考察 -分析方法について-"
"正常噛合の選択についての一考察 -多変量解析による分析2-" を発表
日本咀嚼学会公開公演会(大坂厚生年金会館ホール)にて"寝たきりからの生還" を講演
論文「矯正臨床を通じて今、なぜ噛みしめ・咀嚼訓練か?」季刊歯科医療誌に発表
10年
名古屋市中区歯科医師会会員発表会にて
"矯正治療前後における性格特性の変化について -YGテストを用いて- "を発表
「第57回日本矯正歯科学会大会(仙台)にて
"診療システムの円滑活性化法について -コミュニケーションノートの活用- " を発表」
11年
第58回日本矯正歯科学会大会(広島)にて"習慣性「前方咀嚼位」への誘導" を発表
国際舌側矯正歯科学会第1回大会(東京) 日本国内実行委員会 幹事として参画
12年
第59回日本矯正歯科学会大会(大阪)にて
"不正噛合者の噛合接触圧についての検討 -前歯部被蓋と噛合接触圧に関して-"
"不正噛合者の噛合接触圧についての検討 -左右差に関して-"
"不正噛合者の噛合接触圧についての検討 -前後的分布に関して-" を発表
第19回日本歯科医学会総会/第22回アジア太平洋歯科大会(東京国際フォーラム)にて "「寝たきりからの生還」"を講演

第8回日本成人矯正歯科学会総会(東京アメリカンクラブ)にて
"「噛合と全身との深い関係」" を講演
13年
成人矯正歯科認定医の審査に合格(日本成人矯正歯科学会)
14年
第9回日本成人矯正歯科学会総会(日本青年館)にて
"顎偏位を伴う成人矯正治験例" を発表
16年
第63回日本矯正歯科学会大会(福岡)にて
"矯正治療における性格特性の経時的変化について -治療前より保定後まで- " を発表
17年
先代 浩 没  3代 渉 開設者となる
電通第二ビルより大正14年来の地、現 LACHICへ移転。
名称を「カユカワ矯正歯科クリニック」に変更

国際舌側矯正歯科学会第2回大会(東京)日本国内実行委員会 幹事として参画
マイクロインプラント講習会に出席
Page Top