TEL:052-241-2721

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄三丁目6-1栄三丁目ビル(ラシック)11F

名古屋市中区の矯正歯科|自律神経失調症・マウスピース

治療について

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
HOME»  治療について

「噛める!」ってどういうこと?

正常な咀嚼(そしゃく)行動ができ、適切な感覚入力が得られ、迅速な中枢神経系での処理、伝達が行なえること…

つまり、《噛めるということは》
健康な歯や顎があり、それを動かす筋肉が正しく働き、噛んだ感じを脳に伝え、
脳はそれをもとに新たな指令を出すとても高度な離れ業の繰り返しなのです。

したがって、ただ歯があるだけでは、決して正しく「噛める」とは言えないのです。

正しく噛めないと、どうなるの?

栄養の摂取が難しいことはご存知と思います。顎が正しく発育できないこともよく知られています。
しかし、本当に怖いのは、年令に関係なく、

  • 「自律神経失調症」
  • 「学習能力の低下」
  • 「痴呆」など

「知的健康」 を失うことです

(「噛む効用」日本咀嚼学会編;日本教文社より)

ご相談料は無料です。

そこで、「噛みかた」のいろいろなパターンや、治療前後の歯並び&顔の変化など、いくつかの「症例」をお見せします。

治療例 噛み合わせの症例

マウスピース矯正装置

>詳細はこちら

部分舌側(裏側)矯正装置

>詳細はこちら

当院では、ワイヤーの矯正装置をつけるのに抵抗がある方や、仕事上、矯正装置がつけられない方のために、「目立たない矯正装置」を取り扱っています。

Page Top